最先端の美容整形技術によって容姿の悩みを解消│美容外科へ相談

魅力的な目元を作る

カウンセリング

女性によっては目元の印象をメイクなどで変えるだけで、劇的にかわいくなったり美人になったりする人がいます。目元は顔の良し悪しに非常に密接に関わってくるパーツといえます。最近のメイク術では目を1.5倍にする方法などがあります。インターネットを探せば、メイクをする前とした後の画像などを多く見つけることができるでしょう。そのような画像を見た男性の中には、女性不信になりそうだというようなコメントをする人もいます。実際にメイクをするだけでも顔の印象を劇的に変えてしまうことが可能なので、男性がイメージするスッピンと全然違うという理由でガッカリしてしまうのは仕方のないことといえるでしょう。目元のメイクには、涙袋を作る方法などがあります。
ネット上ではその手法をレクチャーする人も少なからず存在する程、涙袋の需要は高いといえるでしょう。メイクをすれば涙袋を演出することができたとしても、メイクを落としてしまえばまたいつも通りの顔に戻ってしまいます。毎回メイク前と、メイク後に一喜一憂したくはないといえます。ずっと魅力的な涙袋を維持したいのであれば、仙台の美容外科へ行きヒアルロン酸注入をしましょう。ある部位にヒアルロン酸注入をするだけで涙袋が作れます。仙台の美容外科では人気の方法です。施術方法は注射だけなので簡単に施術が終わることでしょう。一度ヒアルロン酸を注入すると、半年以上は持続するといわれています。だから半年に一回定期的にヒアルロン酸注入を行なうだけで、毎日メイクで涙袋を演出する必要が無くなるのです。時短効果も高いので、魅力的な涙袋が欲しいという人にはおすすめです。

仙台の美容外科では涙袋を作ることもできますが、その他にも二重まぶたにすることも可能です。仙台の美容外科で二重まぶたにする施術法でよく知られているのが切開法といえるでしょう。目頭切開は蒙古ひだを切除することによって目の幅を広げ、切れ長な大きな目にすることができます。日本人の多くは蒙古ひだというのはもっています。この蒙古ひだによって、二重になる人も一重になってしまうことがあるのです。だから蒙古ひだを切開するだけで、切開するまでは一重だった人でも突然二重になることがあります。
目頭から切開すると高い確率で、並行二重になるので、欧米人のようなきれいなくっきり二重の目になるでしょう。目頭切開法では、麻酔をします。麻酔をすることにより、施術中はほとんど痛みを感じることはありません。施術時間も非常に短く、1時間も必要としないでしょう。しかしプチ整形ではないので、ある程度の期間ダウンタイムが必要となります。ダウンタイム時は、医師の指示に従い適切な対処と休養を取りましょう。